高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 検査・認定等 > 認定業務 > 液化石油ガスバルク供給用附属機器型式認定
液化石油ガスバルク供給用附属機器型式認定


制度の概要
液化石油ガスバルク供給用附属機器のうち、気化筒内の圧力が1.0 MPa未満になるように制御された蒸発器(消費型蒸発器)の型式認定を行うものです。この型式認定は、法令上の制度ではなく、協会の自主的な制度として運用されているものです。
認定は、型式試験及び工場審査により行われます。型式試験は、消費型蒸発器の構造、性能等について、その適合性評価が行われます。また、工場審査は、消費型蒸発器の製造事業所の品質管理と技術能力を中心とした審査が行われます。
認定されたときは、液化石油ガスバルク供給用附属機器型式認定証が交付されます。
この型式認定によって、消費型蒸発器の気化筒内の圧力は1.0 MPa未満に制御されていることが保証され、消費型蒸発器が高圧ガス設備ではないことが担保されます。
消費型蒸発器の型式認定は、その構造、作動原理、性能等に応じた型式に基づいて行われています。型式認定品については、液化石油ガスバルク供給用附属機器型式認定品一覧をご参照下さい。

申請手続き
申請手続き等については、下記「問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。
>>手数料等の振込口座

問い合わせ
液化石油ガスバルク供給用附属機器型式認定については、機器検査事業部 検査業務課 又は 各支部にご相談下さい。




Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.