高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 検査・認定等 > 認定業務 > 冷凍機器溶接士の認定
冷凍機器溶接士の認定


制度の概要
冷凍機器溶接士の認定は、高圧ガス保安協会が自主的に実施しているもので、認定期間は3年間です。
認定を受けることができるのは、冷凍用圧力容器及び冷媒設備の配管(可燃性ガス及び毒性ガスに係る配管に限る。)のうち冷媒ガスの圧力を受ける部分の溶接を手溶接により行う者であって、次の各号に規定する技量及び学識を有していることが必須条件となります。
【1】 技量
次の(イ)から(ヘ)までのいずれか一に該当する者
(イ) 日本工業規格(JIS Z 3801)に基づく試験(基本級とそれに対応した専門級のうち一以上を組合わせたもの)に合格した者
(ロ) ボイラ及び圧力容器安全規則(昭和47年9月30日労働省令第33号)による資格を有する者
(ハ) 鋼船構造規則(昭和15年4月24日逓信省令第24号)による(イ)と同等以上の資格を有する者
(ニ) 電気事業法(昭和39年7月11日法律第170号)第46条第2項第1号の規定による(イ)と同等以上の資格を有する者
(ホ) 溶接工技量検定基準(社団法人日本石油学会)による資格を有する者
(ヘ) その他高圧ガス保安協会長が(イ)から(ホ)の者と同等以上の技量を有すると認める者
【2】 学識
次の(イ)から(ニ)までのいずれか一に該当する者
(イ) 高圧ガス保安協会が行う溶接士に関する講習を受講し、かつ、当該検定に合格した者(現在、この講習は実施しておりません。)
(ロ) 冷凍に係る高圧ガス製造保安責任者試験に合格した者
(ハ) KHKが行う第一種冷凍機械、第二種冷凍機械又は第三種冷凍機械講習を受講し、当該検定に合格した者
(ニ) 社団法人日本冷凍空調学会の冷凍空調技士の登録を受けている者

申請手続き
冷凍機器溶接士の認定申請は、冷凍機器溶接士申請指定団体で受け付けています。

お知らせ
冷凍機器溶接士の認定制度のあり方について、高圧ガス保安協会と冷凍業界関係団体で検討を重ねたところ、今後とも安定的に認定を継続していくため、制度の見直しが必要との結論に至りました。
現在、冷凍機器溶接士審査委員会を再開し、具体的な制度の見直しについて議論しております。
制度の見直しスケジュールは、以下を予定しております。
現行の認定制度は、平成30年2月1日付の認定まで継続
新たな認定制度は、平成30年6月1日付の認定から開始
(平成30年4月頃 受付開始予定)
新たな認定制度の詳細が決まりましたら、このホームページでご案内するとともに、冷凍機器溶接士の認定を受けている方にはその所属する事業所を通じてご案内させて頂きます。

お問い合わせ先
認定に関するお問い合わせは、最寄りの冷凍機器溶接士申請指定団体又は当協会 高圧ガス部 冷凍空調課にご連絡ください。
高圧ガス部 冷凍空調課
TEL 03-3436-6103  FAX 03-3438-4163




Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.