高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 検査・認定等 > 検定業務 > 液化石油ガス漏れ警報器の検定
液化石油ガス漏れ警報器の検定


制度の概要
高圧ガス保安協会で実施している自主検定は、第1検定(型式検定)・工場審査・第2検定(出荷検定)により構成されています。
第1検定に合格した液化石油ガス漏れ警報器(以下「警報器」という。)製造事業者は、当該型式の工場審査を受審します。この工場審査の合格をもって、警報器製造事業者(以下「製造事業者」という。)は第2検定受験資格を得ます。当該工場における第2検定に合格した当該警報器は、高圧ガス保安協会検定合格証を貼付され出荷となります。

警報器の種別 検知部等・中継部・1級受信部・2級受信部・分離警報部・制御部・バルク用ガス漏れ検知器 等があります。
第1検定 上記種別毎の「技術上の基準」の全ての合格判定基準に適合したことを確認された当該警報器は、第1検定合格となります。
工場審査 警報器の品質保持に必要な6項目の工場審査基準について当該製造事業者の審査を行い、評価基準以上の判定をもって工場審査合格となります。
第2検定 種別毎に定められたロットサイズに応じた抜取個数について、「技術上の基準」に定められた主要な項目全て合格判定基準に適合した場合、当該ロット(当該警報器)は第2検定合格となります。

申請手続き
申請に当たっては、下記書類等を提出していただきますが、詳細につきましては担当に問い合わせ願います。

第1検定 1.第1検定申請書及び申請書添付書類
2.種別毎に定められた「ロットを形成する個数」
3.第1検定手数料
工場審査 1.工場審査申請書及び申請書添付書類
2.工場審査手数料
第2検定 1.第2検定申請書
2.第2検定手数料

液化石油ガス漏れ警報器の検定合格品一覧
>> 液化石油ガス漏れ警報器の検定合格品一覧

お問い合わせ先

液化石油ガス部 液化石油ガス機器検定室
〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目16番4号
TEL 042-793-6133
FAX 042-793-6144




Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.