高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 検査・認定等 > 検査・試験業務 > 特定設備検査
特定設備検査


制度の概要
特定設備検査は、高圧ガス保安法第56条の3に基づいて行う検査です。
特定設備の製造をする者又は輸入をした者が受けなければならないものです。外国において本邦に輸出される特定設備の製造をする者が受けることもできます。
「特定設備」とは、「高圧ガスの製造(製造に係る貯蔵を含む。)のための設備のうち、高圧ガスの爆発その他の災害の発生を防止するためには設計の検査、材料の品質の検査又は製造中の検査を行うことが特に必要なもの」(法第56条の3第1項)として定められた設備をいい、具体的な範囲は、特定設備検査規則第3条に定められています。種類としては、塔、反応器、球形貯槽、平底円筒形貯槽、熱交換器、蒸発器、凝縮器、加熱炉、たて置円筒形貯槽、横置円筒形貯槽、バルク貯槽及びその他の圧力容器があります。
特定設備検査は、特定設備検査規則及び協会の「特定設備検査マニュアル」[機−50102]に基づき、設計、材料、加工、溶接及び構造の各工程毎に行われます。
特定設備検査に合格したときは、特定設備検査合格証が交付されます(法第56条の4第1項)。特定設備検査に合格した設備であって、特定設備検査合格証によりその旨確認できるものは、完成検査において、その設備についての完成検査を受けることを要しないこととなります(法第20条の2第1号)。

申請手続き
申請手続き等については「特定設備検査マニュアル」[機−50102]に加え、特定設備検査申請書の記載方法については「特定設備検査申請書記載方法書」[機−50102B]に、また、バルク貯槽の申請時に添付書類を省略することができる場合の手順については「バルク貯槽申請書類提出等手順書」[機−50102A]に示されていますので、ご覧下さい。
>>手数料等の振込口座

お問い合わせ先
特定設備検査については、機器検査事業部 設備検査課 又は 各支部にご相談下さい。




Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.