高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 検査・認定等 > 事前評価業務 > 詳細基準事前評価
詳細基準事前評価


制度の概要
詳細基準事前評価は、次の通達に基づいて行うものです。
「容器保安規則の機能性基準の運用について(20130409商局第4号)」*
「特定設備検査規則の機能性基準の運用について(20160920商局第4号)」
「一般高圧ガス保安規則の機能性基準の運用について(20121204商局第6号)」*
「液化石油ガス保安規則の機能性基準の運用について(20160920商局第3号)」
「コンビナート等保安規則の機能性基準の運用について(20121204商局第7号)」*
「冷凍保安規則の機能性基準の運用について(20160920商局第2号)」
「国際相互承認に係る容器保安規則の機能性基準の運用について(20160613商局第4号)」
* 「一般高圧ガス保安規則の機能性基準の運用について、コンビナート等保安規則の機能性基準の運用について及び容器保安規則の機能性基準の運用についての一部改正について(20160920商局第1号)」により一部改正
容器保安規則は、平成10年3月に機能性基準化されました。同様に、特定設備検査規則は平成12年3月に、一般高圧ガス保安規則、液化石油ガス保安規則、コンビナート等保安規則及び冷凍保安規則は平成13年3月にそれぞれ機能性基準化されました。各規則が機能性化されたことに伴い、機能性化以前は規則に規定されていた詳細技術基準が上記各通達において例示基準として示されました。この例示基準は、各規則の機能性基準の一つの解釈という位置付けであり、十分な保安水準の確保ができる技術的根拠があれば、例示基準以外の詳細基準でも規則の機能性基準に適合していることと判断されることになっています。
なお、平成28年6月に国際相互承認に係る容器保安規則(以下「国際則」という。)が制定されたことに伴い同規則に係る機能性基準の運用についての通達が追加されています。
詳細基準事前評価は、機能性化された条項について、行政庁への許認可申請や検査機関への検査申請などに先立ち、申請者が協会に申請することにより申請者が作成した詳細基準が関係規則に定める機能性基準に適合するか否かを判断し、その結果を検査等の申請書に添付することによりその検査等に適用する詳細基準として採用することがきるというものです。
詳細基準事前評価は、協会の「詳細基準事前評価実施要領」[機-20100]に従って行われます。
申請に係る詳細基準が関係規則の機能性基準に適合していると判断されたときは、事前評価書によりその旨通知されます。申請者は、これを添付して許認可申請、検査申請等を行うこととなります。

申請手続き
申請手続き等については 「詳細基準事前評価実施要領」[機-20100]をご覧下さい。
>>手数料等の振込口座

お問い合わせ先
詳細基準事前評価については、下記事務所にご相談下さい。
機器検査事業部 技術審査室
〒105-8447 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
TEL:03-3436-6104  FAX:03-3436-0688



Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.