高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
home > 技術基準作成 >バルク貯槽及び附属機器等の告示検査関係基準
バルク貯槽及び附属機器等の告示検査関係基準

 「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律及び関係政省令の運用及び解釈について」(平成26年10月22日付け 20140901商局第3号)の別添4「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律施行規則の運用及び解釈について」第16条(販売の方法の基準)関係12. において、施行規則第16条第22号に定めるバルク貯槽の検査又は同規則第23号に定めるバルク容器の機器の検査をバルク告示で定めるところにより実施する際は、「バルク貯槽の告示検査等に関する基準(KHKS 0745)」、「附属機器等の告示検査に関する基準(KHKS 0746)」及び「バルク貯槽及び附属機器等の告示検査等前作業に関する基準(KHKS 0841)」を用いて行うことが規定されています。
 これらの規格は、下記により閲覧することができます(PDF形式)。なお、印刷することはできませんのでご了承下さい。

規格番号 技術基準名 担当規格委員会
KHKS 0745(2015)
バルク貯槽の告示検査等に関する基準
KHKS 0746(2015)
附属機器等の告示検査に関する基準
KHKS 0841(2015)
バルク貯槽及び附属機器等の告示検査等前作業に関する基準



Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.