2.保安業務

(1)一酸化炭素(CO)中毒事故防止対策

ガス機器の不具合や不適切な使用等に起因する一酸化炭素(CO)中毒事故を未然に防止するための自主保安活動の項目

ガスが燃える際には新鮮な空気が必要です。換気が不十分で空気中の酸素が不足すると、ガス機器が不完全燃焼を起こし一酸化炭素(CO)が発生します。一酸化炭素(CO)は毒性が強いうえ、「無色・無臭」であるため、気づかないうちに頭痛・吐き気・耳鳴りなどの中毒症状を起こし、重症になると死に至る場合もあります。このため、一酸化炭素(CO)の発生を未然に防ぐことが重要です。

① 非安全型機器の撲滅に向けた取替促進に係る取組について

ガス機器には一酸化炭素(CO)の発生を検知された場合に燃焼を停止する安全装置(不完全燃焼防止装置)を搭載したものと搭載していないものがあります。また、ガス機器も古くなると部品が劣化し火災や事故のおそれがあります。このような安全装置が搭載されていない「非安全型機器」は安全装置の付いた「安全型ガス機器」に早めに交換することが事故防止に有効です。このため、この項目では、こうした非安全型機器の取替の必要性について、皆様にわかりやすく工夫して情報提供しているかどうかを評価しています。


非安全型機器等について詳しく知りたい人はこちら

② ガス機器調査時の換気励行等の安全使用に係る取組について

ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。ガス機器を使うときは、換気扇を回す、窓を開けるなど必ず換気をしましょう。燃焼するための空気(酸素)が不足するとガス機器が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因になるおそれがあります。
このため、この項目では、こうした換気励行等の安全使用の必要性について、皆様にわかりやすく工夫して情報提供しているかどうかを評価しています。


換気等について詳しく知りたい人はこちら