高圧ガス保安協会
採用情報 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
協会案内 検査・認定等 資格試験・講習 ISO審査登録 技術基準作成 研究開発業務 事故情報 出版物・資料室 セミナー・イベント
KHKS 0850 保安検査基準(2009)に係る
経済産業省 保安検査規格審査小委員会の審査結果等について
〜 高圧ガス製造事業者及び保安検査実施機関の皆様へ 〜

 高圧ガス製造施設に係る保安検査の方法については、一般高圧ガス保安規則第82条第2項等により告示で定めることとされており、保安検査の方法を定める告示において次の高圧ガス保安協会規格(共同規格含む。)が保安検査の方法として指定を受けています。
a) KHKS 0850-1(2005)保安検査基準(一般高圧ガス保安規則関係(スタンド関係を除く。))
b) KHKS 0850-2(2005)保安検査基準(液化石油ガス保安規則関係(スタンド関係を除く。))
c) KHKS 0850-3(2005)保安検査基準(コンビナート等保安規則関係(スタンド関係を除く。))
d) KHKS 0850-4(2005)保安検査基準(冷凍保安規則関係)
e) KHKS 0850-5(2005)保安検査基準(天然ガススタンド関係)
f) KHKS 0850-6(2005)保安検査基準(液化石油ガススタンド関係)
g) KHK/KLK S 0850-7(2005)保安検査基準(LNG受入基地関係)
 告示指定以降に当協会あてに寄せられた質問事項や規格への改正要望等を踏まえ、この度、上記e)を除く6規格について必要な検討を行い、2009年版として改正(平成21年6月11日 ※ただし未発行)を行いました。
 改正を行った2009年版KHKSについても2005年版同様、経済産業省告示の指定を受けるために経済産業省の保安検査規格審査小委員会にて審査を受けておりましたが、平成21年11月4日にその審査が終了しました。
 2009年版で改正を行った大きな項目として、フレキシブルチューブ類の耐圧性能及び強度に関する保安検査方法の見直しがありましたが、保安検査規格審査小委員会での審査の結果、当該改正内容は保安検査の方法として妥当でないとの評価を受けました。また、フルジャケット構造の二重管式熱交換器の内管等の代替検査についても同様に妥当でないとの評価を受けました。
 なお、上記以外の2009年版KHKSでの改正内容(複数)については、保安検査の方法として妥当であるとの評価を受けています。
(詳細については、保安検査規格審査小委員会資料が経済産業省HPにて公開されています。)

 今後、保安検査の方法を定める告示が改正(経済産業省によるパブリックコメント実施後)されることとなりますが、その際、2009年版KHKSのうち、「フレキシブルチューブ類の耐圧性能及び強度」及び「フルジャケット構造の二重管式熱交換器」に係る検査方法の箇所を除き告示指定を受けることとなる予定です。

 高圧ガス保安協会では、保安検査の方法として妥当でないとの評価を受けた「フレキシブルチューブ類の耐圧性能及び強度」等に係る検査方法について、保安検査規格審査小委員会での審査結果等を踏まえ、再検討を開始しています。
 検討結果を早期に取りまとめ、経済産業省への申請を行うべく努力しています。今後ともご協力をお願いいたします。
〔お問合せ先〕 高圧ガス保安協会 高圧ガス部TEL 03-3436-6103
以上





Copyright (C) The High Pressure Gas Safety Institute of Japan. All Rights Reserved.