業務用厨房等でガスを使用する方へ知っておきたい5つのこと

業務用換気警報器

業務用換気警報器を設置していますか?

換気不足やガス機器不具合等によりガス機器が不完全燃焼をすると一酸化炭素(CO)が発生します。一酸化炭素(CO)は、臭いもなく、気がつかないうちに体が動かなくなります。一酸化炭素(CO)中毒事故を防ぐためにも、ガス機器の不完全燃焼により発生した一酸化炭素(CO)を検知する業務用換気警報器やガス・CO警報器の設置をおすすめします。

業務用換気警報器

業務用換気警報器は一酸化炭素(CO)濃度と検知時間を積算し、血中のヘモグロビン濃度に換算して、人体に重篤な影響を与える前に音声で警報を発します。また、温度、湿度、一酸化炭素(CO)以外のガスなどの影響を受けにくく、厳しい環境の中でも長い間、安定した検知性能を発揮することができます。さらに、電池式のためコンセントがいらず、簡単に取り付けられます。
業務用換気警報器を設置することにより、一酸化炭素(CO)中毒事故発生の未然防止つなげることができます。

業務用換気警報器をシンプルに解説

出典:一般社団法人日本ガス協会

ガス・CO警報器

万一のガス漏れや、不完全燃焼によって発生する一酸化炭素(CO)を検知すると、ランプと音声でお知らせする機能を搭載しています。さらに一台で火災、ガス漏れ、一酸化炭素(CO)の発生を知らせる「住宅用火災・ガス・CO警報器」もあります。

(Ⅰ)一酸化炭素(CO)中毒を防ぎましょう