武陽ガス株式会社

武陽ガス株式会社

  • 氏名又は名称:武陽ガス株式会社(ガス小売事業者登録番号:D0046)
  • 「ガス保安見える化」登録番号:GASHO 0006(登録年月:2017年12月)
  • 住所:東京都福生市本町17番の1
  • TEL:042-551-1621
  • ホームページ:http://www.buyo-gas.co.jp
分類 評価(公表)項目 自主保安の評価 特徴的な取り組み
1.保安管理体制
(1)保安の確保に関するマネジメント 取組方針

・都市ガスを安全にご利用頂くため、保安の確保をベースに、お客様サービスの向上等に努めています。
詳しくは下記のURLへ
http://www.buyo-gas.co.jpcompany/greeting.html

(2)保安管理体制の整備 管理体制

・各地域(事業拠点)ごとに保安管理体制を整備し、自主的に様々な保安活動を実施しています。
詳しくは下記のURLへ
http://www.buyo-gas.co.jpcompany/safemanage/index.html

・保安業務は全て自社社員にて実施しています。

(3)保安教育・訓練の実施等 教育訓練

・弊社の保安業務従事者に対しては、年間計画に基づき、社内教育・訓練を毎年1回以上実施し、専門性の高いガス消費機器に係る保安技術については、専門機関主催の研修会へ派遣する等、保安業務に必要な資格取得・技術の向上に努めております。
詳しくは下記のURLへ
http://www.buyo-gas.co.jpcompany/safemanage/index.html

・地域の防災訓練に参加させる等、スキルの維持向上に努めています。

2.保安業務
(1)CO中毒事故防止対策
①非安全型機器の撲滅に向けた取替促進に係る取組 取替促進

・1年間に1回以上、CF機器をお持ちのお客様に直接お会いして、安全性の高いガス機器をお使い頂くよう説明します。(非安全型機器の小型湯沸器、金網ストーブは残存致しません。)

②消費機器調査時の換気励行等の安全使用に係る取組 換気励行

・ガス機器を使用する際にはCO中毒事故防止のための換気が大切なので、4年間に1回以上、全てのお客様に直接お会いして、換気の必要性を説明するとともに、安全使用のための安全ステッカーをお客様の燃焼器に貼付し、注意喚起を行います。

・ガス機器を使用する際には換気が大切なので、1年間に1回以上、全てのお客様のポストに社外報を投函して、CO中毒事故防止のためのポイントをお知らせします。

・外壁塗装工事・外壁清掃工事・増改築工事をされる工事会社さまへの注意喚起

(2)ガス漏えいによる爆発、火災事故防止策
①消費機器の正しい操作方法・安全な使用方法の周知に関する取組 機器操作

・4年間に1回以上、全てのお客様に直接お会いして、ガス機器を安全に使用して頂くためのポイントを説明します。

・1年間に1回以上、全てのお客様のポストに社外報を投函して、ガス機器を安全に使用して頂くためのポイントをお知らせします。

②ガス栓や接続具の正しい接続方法の周知・確認に関する取組 接続方法等

・接続具の誤接続によるガス漏洩の事故が多いことから、4年間に1回以上、全てのお客様に直接会って、接続具の正しい接続方法について説明します。

・1年間に1回以上、全てのお客様のポストに社外報を投函して、ガス機器の接続に関する注意喚起をお知らせします。

3.需要家への安全教育・啓発 (1)需要家への保安啓発活動 保安PR

・一般向けの広報やお客様向けの展示会や地域の防災訓練等に参加をし、保安の重要性をPRしています。

・社外報により、ガス使用上の注意喚起、安全装置の紹介を行っています。

・消防署からのお知らせ(春の火災予防運動、アウトドアの火災予防、救急医療週間、春の火災予防運動)を社外報へ掲載する事により、防火防災力の向上を図ると伴に保安意識の向上を図っています。

・料理教室を開催し、受講者の方々に安全装置の紹介、換気の注意喚起を図っています。

・中学生の職場体験を受け入れ、職場体験と伴に保安意識の向上を図っています。

・社外報にガス警報器、住宅用火災警報器を掲載する事により、保安意識の向上を図っています。

4.他の制度による保安表彰の受賞歴 (1)本制度以外の保安表彰受賞履歴 受賞歴

・救命講習普及促進の貢献に対して東京消防庁福生消防署長より感謝状を頂いています。

・火災予防及び人命救助の貢献に対して東京消防庁予防部長より感謝状を頂いています。

・防火安全性の維持向上の尽力に対して東京消防庁予防部長より表彰状を頂いています。

・安全思想の普及と防火意識の高揚に対して(公益財団法人)東京防災救急協会理事長より表彰状を頂いています。

・防火に関する広報を積極的に推進した事に対して東京消防庁福生消防署長より感謝状を頂いています。