ご家庭でガスを使用する方へ知っておきたい4つのこと

非安全型機器

非安全型機器を使っていませんか?

古いガス小型湯沸器、ガス給湯器、ガスふろがまには安全装置が搭載されていないため、使用方法を誤ると一酸化炭素(CO)中毒につながるおそれがあります。

金網ストーブの赤熱面(金網部分)に変形や、やぶれなどの異常がある場合は、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となるおそれがあります。
※非安全型機器とは、万が一その機器の燃焼状態が悪くなった場合に、使用を停止させる安全機能がないものを指します。(開放型小型湯沸器、金網ストーブ、浴室内設置CF式ふろがま)また、自然排気式(CF式)給湯器・強制排気式(FE式)給湯器といった古いガス機器についてもご注意が必要です。