[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

台風の通過後の注意喚起

コンテンツ

地域住民の方へ

①LPガス設備の使用に関する注意事項

  • 浸水したガスメーター・ガス機器は、使用しないでください。
LPガス施設が浸水した場合は、配管内やガス機器内に水や泥が溜まっている可能性があります。必ずLPガス販売店に連絡をして点検を受けたうえでご使用ください。
 
  • ガス臭いと感じたときはただちにガスの使用を停止してください。
強風の影響等により、配管、ガス機器等が損傷している恐れがあります。このため、ガス臭いと感じたときは、ただちにガスの使用を停止し、LPガス販売店に連絡してください。
 

②流出したLPガス容器を発見したときの注意事項

河川等の増水により流出したLPガス容器を発見された方は、以下の点にご注意ください。
  • みだりに触れない、移動させない!
  • ガス臭くなくても、容器周辺で火気を使用しない!
また、流出したLPガス容器を発見された場合、LPガス容器の外面に記載された連絡先にお伝えください。
【参考資料】「ご注意ください!こんな高圧ガス容器はありませんか?」
 

土砂等の撤去作業を行う方へ

③重機等を使った復旧作業における注意事項

土砂および瓦礫の撤去作業にあっては、流出したLPガス容器が紛れ込んでいる可能性があるので、以下の点に留意して作業にあたってください。
  • LPガス容器を発見された際は、容器の外面に記載された連絡先にお伝えください。
  • LPガス容器が土砂等の中にあっても容器が破損しないよう、重機の扱いは慎重にお願いします。
  • 万が一、LPガス容器破損等によりガスが放出した場合は、ただちに作業を中止し、付近より避難するとともに、LPガス容器の外面に記載された連絡先にお伝えください。

ご不明な点がございましたら、以下までお問い合わせください。
高圧ガス保安協会 液化石油ガス部
 TEL:03-3436-6108 
 
承認エディタ
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*