[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

冷凍空調施設に係る指定設備認定

コンテンツ

制度の概要

 

高圧ガス保安法第56条の7に基づき、公共の安全の維持又は災害の発生の防止に支障を及ぼすおそれがない冷凍設備において、冷凍保安規則に規定される所定の基準を満足したものについて、経済産業大臣、高圧ガス保安協会等が認定するものです。
このように認定された指定設備は、構造、性能等からみてより安全性の高いものであるため、例えば、この設備を使用して高圧ガスの製造を行う第一種製造者(許可)の規制から第二種製造者(届出)としての規制を受けることになります。
また、設置された認定指定設備の移設等を行ったときには、交付された認定証が無効になりますが、冷凍保安規則第62条に基づき、高圧ガス保安協会等による調査を受け、認定指定設備技術基準適合証の交付を受けた場合については認定証が無効とならない制度があります。

高圧ガス保安協会では、指定設備の認定及び移設等に係る調査業務行っております。

 指定設備認定の申請手続き

1 申請は、高圧ガス部冷凍空調課で受け付けています。
2 申請手続きについては、「冷凍指定設備認定マニュアル」をご覧ください。
3 申請から認定証等の交付までの標準的な流れ
 

 認定指定設備の移設等に係る調査の申請手続き

1 申請は、高圧ガス部冷凍空調課で受け付けています。
2 申請手続きについては、「冷凍認定指定設備技術基準適合調査マニュアル」をご覧ください。
3 申請から適合書等の交付までの標準的な流れ
 

冷凍空調施設に係る指定設備の認定状況

  冷凍空調施設に係る指定設備の認定状況は、こちらでご覧頂けます。

お問い合わせ先

  申請に関するお問い合わせは、高圧ガス部 冷凍空調課にご連絡ください。
 
高圧ガス部 冷凍空調課
TEL 03-3436-6103  FAX 03-3438-4163
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*