[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

過去の研究開発

コンテンツ
総合研究所では、これまでの間、時代の要請に応え、LPガス用マイコンメータやFRP複合容器の研究開発を進め、その普及に寄与するほか。事故の解析や各種の調査研究など地道な活動についても着実に進めてきたところです。
近年では、水素社会形成の実現に向けた役割を果すべく、水素関連材料の特性評価に係る調査研究を積極的に推進し、新しい技術基準の制定に必要となる基礎データの蓄積などを図っています。

研究論文

(23) 山田 敏弘, 小林 英男, 水素スタンド設備に使用するオーステナイト系ステンレス鋼の選定基準(高圧水素環境のSSRTの伸びの適用), 高圧ガス, Vol.56, No.6, pp.527-533 (2019).

(22) T.SANO, T.YAMADA, T.TAKEHANA, T.MIYASITA, Y.SHIGA, N.YOSHIKAWA, H.KOBAYASI, Study on Stress Rupture Characteristics of CFRP, ASMEPVP2018, PVP2018-85082 (2018).

(21) T.TAKEHANA, T.YAMADA, T.SANO, K.KIMURA, T.MIYASITA, Y.SHIGA, N.YOSHIKAWA, H.KOBAYASI, Study on Fatigue Characteristics of CFRP, ASMEPVP2018, PVP2018-85081 (2018).

(20) Hideo Kobayashi, Takeru Sano, Hiroshi Kobayashi, Saburo Matsuoka and Hiroshi Tsujigami : “CURRENT STATUS OF EVALUATION AND SELECTING OF MATERIALS TO BE USED FOR HYDROGEN REFUELING STATION EQUIPMENT IN JAPAN”, 2017 ASME PRESSURE VESSELS AND PIPING CONFERENCE, PVP-66250(2017).

(19) H.Kobayashi, T.Yamada, H.Kobayashi, S.Matsuoka, Criteria for Selecting Materials to be Used for Hydrogen Refueling Station Equipment, ASMEPVP2016, 64033, pp.1-8 (2016).

(18) 山田 敏弘, 小林 英男, 水素ステーション設備に使用する材料の選定基準, 高圧ガス, Vol.49, No.10, pp.885-893 (2012).

(17) 山田 敏弘, 竹花 立美, 福富 洋志, FRP複合容器用一方向炭素繊維強化複合材の静的引張特性, 圧力技術, Vol.47, No.6, pp.369-377 (2009).

(16) 山田 敏弘, 竹花 立美, 福富 洋志, FRP複合容器用一方向炭素繊維強化複合材料の疲労特性, 圧力技術, Vol.47, No.3, pp.171-177 (2009).

(15) Hideo Kobayashi, Akira Todoroki, Toshikazu Oomura, Takeru Sano, and Tatsumi Takehana : “Elevated Temperature Ultra-High-Cycle Fatigue Properties and Fracture Mechanism of Modified 2.25Cr-1Mo Steel”, International Journal of Fatigue, (2005).

(14) T.SANO, T.TAKEHANA, K.SEKINE, Application of optical fiber to LP-gas leak detection system, 圧力技術, Vol.43, No.3, pp.30-35 (2005).

(13) 小林 英男, 轟 章, 大村 敏一, 佐野 尊, 竹花 立美, 二相ステンレス鋼の超高サイクル疲労特性とき裂進展寿命評価, 圧力技術, Vol.43, No.3, pp.19-22 (2005).

(12) 佐野 尊, 竹花 立美, 関根 和樹, 赤外線差分吸収を利用したLPガス漏洩検知システムの改良, 圧力技術, Vol.43, No.1, pp.15-21 (2005).

(11) 小林 英男, 轟 章, 大村 敏一, 佐野 尊, 竹花 立美, Cr-Mo改良鋼の高温超高サイクル疲労特性とメカニズム, 日本機械学会論文集, 70-696 A編, pp.1087-1092 (2004).

(10) 佐野 尊, 竹花 立美, 関根 和樹, レーザと赤外線カメラを用いたLPガス漏洩検知システムの開発, 圧力技術, Vol.42, No.1, pp.36-47 (2004).

(9) T.TAKEHANA, T.SANO, M. KAWAHARA, Influences of Fabrication Detects upon the Strength and Lives of Filament Wound Composite Cylinders, ASME PVP,HIGH PRESSURETECHNOLOGY 2004, Vol.473, pp.7-15, (2004).

(8) Tatsumi Takehana, Takeru Sano, Susumu Terada, and Hideo Kobayashi : “PROPOSAL FOR THE IMPLEMENTATION OF ELEVATED TEMPERATURE DESIGN FATIGUE CURVE FOR 2-1/4CR-1MO-V AND 3CR-1MO-V STEELS”, 2004 ASME/JSME PRESSURE VESSELS AND PIPING CONFERENCE, PVP-Vol.473, High Pressure Technology, pp.7-15 (2004).

(7) 竹花 立美, FRP複合容器についての設計解析第3報:FRP複合容器の積層構成が破裂強度に与える影響, 圧力技術, Vol.38 No.1, pp.33-43 (2000).

(6) 竹花 立美, FRP複合容器についての設計解析第2報:容器のひずみ分布と安全性に及ぼすフープ巻端位置の影響, 圧力技術, Vol.37, No.5, pp.11-18 (1999).

(5) T.TAKEHANA, N.AKKUS, K.HIDAKA, M.KAWAHARA, Safety Evaluation and Stress Analysis of Filament Wound Gas Cylinders with a Surface Damage., ASMEPVP-Vol.371 HIGH PRESSURE TECHNOLOGY 1998, Vol.371, pp.137-141 (1998).

(4) 竹花 立美, FRP複合容器についての設計解析容器肩部の周巻端位置とバースト圧力, 圧力技術, Vol.35, No.2, pp.51-57 (1997).

(3) T.TAKEHANA, H.KOBAYASHI, T.YOSIOKA, Accident Analysis of a BLC Heat Exchanger, ASMEPVP-Vol.297, HIGH PRESSURE TECHNOLOGY 1995, Vol.279, pp.117-112 (1995).

(2) 小林 英男, 吉岡 照夫, 竹花 立美, BLC形熱交換器の発災事故解析, 日本機械学会論文集, 60-570 A編 pp.527-534 (1994).

(1) 森 立美, 土方 忠道, 自然気化によるLPガス発生量の算出法, 高圧ガス, Vol.22, No.9, pp.438-446 (1985).

口頭発表

(17) 志賀 優多, 山田 敏弘, 佐野 尊, 小林 英男, アルミニウム合金A6061-T6の最適疲労曲線, 日本高圧力技術協会 秋季講演会 (2018).

(16) 菊川 重紀, LPガス質量販売における事故事例分析, 第51回安全工学研究発表会 (2018).

(15) 佐野 尊,山田 敏弘,志賀 優多,藤井 亮,篠田 康則, 水素スタンドにおける高圧ガス事故の統計分析及び事故事例, 第51回安全工学研究発表会 (2018).

(14) 竹花 立美, 高圧水素用機器の安全性基準の考え方, 日本鉄鋼協会 材料の組織と特性部会, pp.1-4 (2010).

(13) 竹花 立美, 高圧水素貯蔵と材料規制, 日本鉄鋼協会講演論文集, Vol.20, pp.1054-1057 (2007).

(12) 佐野 尊, 竹花 立美, 関根 和喜, レーザと赤外線カメラを用いたガス検知システムの研究, 日本非破壊検査協会 赤外線サーモグラフィによる非破壊評価特別研究委員会, pp.1-9 (2005).

(11) 佐野 尊, 竹花 立美, 関根 和喜, レーザ及び赤外線カメラを用いたLPガス漏洩における検出能の研究, 日本非破壊検査協会 第8回表面探傷シンポジウム講演論文集, pp.89-96 (2005).

(10) 小林 英男、轟 章、大村 敏一、佐野 尊、竹花 立美, 日本機械学会材料力学部門講演会 2.25Cr-1Mo 改良鋼の高温超高サイクル疲労特性と破壊メカニズム (2003).

(9) 小林 英男, 轟 章, 大村 敏一, 佐野 尊, 竹花 立美, 二相ステンレス鋼の超高サイクル疲労特性と破壊メカニズム, 日本機械学会講演論文集 (2003).

(8) 小林 英男, 轟 章, 大村 敏一, 佐野 尊, 竹花 立美, Cr-Mo改良鋼の高温超高サイクル疲労特性と破壊メカニズム, 日本機械学会講演論文集 (2003).

(7) 小林 英男, 轟 章, 大村 敏一, 佐野 尊, 竹花 立美, 二相ステンレス鋼の疲労特性と設計疲労曲線, 日本機械学会講演論文集 (2003).

(6) 佐野 尊, 竹花 立美, 小林 英男, Cr-Mo鋼の疲労特性と設計疲労曲線, 日本機械学会講演論文集 (2003).

(5) 佐野 尊, 竹花 立美, 関根 和喜, レーザと赤外線カメラを用いたLPガス漏洩検知システムの開発, 第35回安全工学研究発表会 (2002).

(4) 佐野 尊, 竹花 立美, レーザと赤外線カメラを用いたガス漏洩検知システム, リモートセンシング学会第29課学術講演会論文集, pp.223-224 (2000).

(3) 竹花 立美, FRP複合容器の設計上の問題点, 日本高圧力技術協会 秋季講演会予稿集, pp.3-4 (1995).

(2) 竹花 立美, 川原 正言, FRP複合容器の応力分布の制御と管理 その1. FRP複合容器肩部の周巻き端位置とバースト圧力について, 日本機械学会講演論文集, No.940-10, pp.113-115 (1994).

(1) 竹花 立美, 楕円断面をもつフープラップ容器の解析, 日本機械学会講演論文集, No.930-9, pp.703-705 (1993).
 
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*