[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

高圧ガスプラント・液化石油ガスタンクローリ検査事業者認定

コンテンツ

制度の概要

この認定は、次に掲げる高圧ガスプラント及び液化石油ガスタンクローリ(プラント等)を検査する者の事業所について、プラント等の施設の種類毎の区分に応じて認定するもので、協会が自主的に行っているものです。

  • 高圧ガスプラント:一般高圧ガス保安規則、液化石油ガス保安規則及びコンビナート等保安規則の適用を受ける定置式製造設備並びに圧縮天然ガス及び液化石油ガススタンド等
  • 液化石油ガスタンクローリ:液化石油ガスを移動するための高圧ガス運送自動車用容器、附属品及び設備附属品等

一般的に、プラント等を所有されている者は、自らのプラント等について定期自主検査を実施し、また、都道府県等が実施する保安検査を受けなければなりません。
協会が認定する高圧ガスプラント検査事業者及び液化石油ガスタンクローリ検査事業者が行った検査に係る検査データ等は、プラント等を所有している方はもとより、保安検査を実施する都道府県等からも信頼できる検査データとして受け入れられており、ご活用頂いております。

個々の協会認定検査事業者については、KHK認定検査事業者一覧をご参照下さい。

認定の対象者

プラント等の検査(定期自主検査及び保安検査の前検査)を行う者であって、次に掲げる要件を満たした上で、協会に高圧ガスプラント検査事業者及び液化石油ガスタンクローリ検査事業者として認定申請をしようとする事業所が対象になります。

  • 検査システムの構築
  • 申請に係る検査の実績
  • 検査員の資格及び検査実績

認定の内容

審査は、マニュアルに従って、検査担当部門の組織、検査従事者に対する資格及び教育訓練、検査チーム、検査規程類、検査設備の管理等の19項目の審査項目が所定の要件を満たしていることの確認を、書類審査及び事業所審査により行います。

認定の標準的な流れ

申請手続き

お問合せ先

高圧ガスプラント・液化石油ガスタンクローリ検査事業者認定については、機器検査事業部 検査業務課 又は 各支部にご相談下さい。

メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*