[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

容器刻印の誤りに関するご協力のお願い

コンテンツ
 今般、当協会が、技術基準に従って容器検査を実施し合格した容器において、検査合格時に行う刻印に一部誤りがあるものを1本確認しました。
 つきましては、高圧ガスの保安を確保する上で、速やかに刻印の内容を正しいものとする必要がありますので、以下のご協力をお願いします。

1.刻印の誤りについて(一般継目なし容器、アルミニウム合金製、酸素)
             容器に打刻された刻印(誤り)   正しい刻印
  耐圧試験における圧力    TP 14.5 M                TP 24.5 M
  最高充塡圧力        FP 24.7 M                  FP 14.7 M
 
2.お願い事項
 ① 14.7MPaを超える圧力で充塡しないようご注意下さい。14.7MPaを超える圧力で充塡されている場合、速やかに
  回収を行って下さい。
 ② テイネン工業(株)製の容器のうち、同様の誤りの恐れがある以下の容器をお持ちの方は、容器の記号番号、TP及
  びFPの値をご確認の上、ご連絡下さい。
                    
    

  また、高圧ガスを充塡する際、容器再検査の際に、誤りのある刻印の容器を確認しましたら、当協会へご連絡下さい。

お問い合わせ先

  高圧ガス保安協会 機器検査事業部 容器検査課
03-3436-6104
gasmei@khk.or.jp
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*