[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

事故対策

コンテンツ

続 高圧ガスの事故に学ぶ

本書は、機関誌「高圧ガス」に掲載された「過去の事故に学ぶ(石油精製、石油化学分野)シリーズ」全24回のうち19回の記事を取りまとめ、事故の教訓をどのように事業所の安全対策や人材育成に活用しているかなど、事故を経験した各社の皆様の取り組みをご紹介します。(本書に掲載されていない社会的影響の大きい事故5件については、事故内容に鑑みて別に出版する予定となっています
本書は様々な事故事例と教訓などを掲載した既刊「高圧ガスの事故に学ぶ(平成24217日発行)」の続編となります。ぜひご活用ください。

(BK628019 B5判 2,592円)

申込書はこちら

事故事例で学ぶ特殊材料ガス(モノシラン等)取扱中の爆発・火災とその教訓

本書は、KHK内に設置した特殊高圧ガス(モノシラン等)事故解析委員会(平成9年)において、特殊材料ガスによる事故防止の観点からとりまとめたものです。
高圧法では、平成3年に大学で発生したモノシランの爆発事故を契機に、モノシラン等の7種類のガスを「特殊高圧ガス」として定義しています。
本書は、過去の事例を基に事故原因等の検討を行い、写真及び図面をできるだけ多く取り入れ、委員会で検討した教訓を付記しています。
(BK613000 A4判 3,090円)

高圧ガスの事故に学ぶ

本書は、高圧ガスで発生した事故を多面的に捉え、類似の事故事例、事故から得られた教訓等、類似災害の発生防止に大いに参考となります。
本書は、高圧ガスの設備、配管等の分類ごとに事故事例をとりまとめています。関心の高い事故事例をすぐに確認することができます。
事故に至る要因は人、設備、運営等多岐にわたりますが、本書ではきる限り簡潔に分かりやすく事故の概要、原因、教訓を取りまとめました。
(BK970112 B5判 2,570円)

高圧ガス事故の統計と解析

本書は、平成20年から平成24年の事故の統計と解析を示し、さらに事故の件数が多い事象と設備を対象に、より詳細な統計と解析を示しています。
高圧ガス事故の分類と基礎知識として、爆発、火災、漏えい、破裂などの9項目の分類について、定義等の基礎知識を詳細に解説しています。
高圧ガス事故の網羅的な統計情報とその解析は、事故知識を伝承し、高圧ガス以外の多くの産業分野でも活用いただくことが可能です。
(BK970314 B5判 3,090円)

メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*