[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

新刊

コンテンツ

高圧ガス保安法概要 丙種化学液石 編

本書は、高圧ガス保安法の理解を深めるため、法令内容をパワーポイントで図解し、そのパワーポイントの解説を示すとともに関連条項については高圧ガス保安法規集の該当ページを掲載しています。
本書は高圧ガス製造保安責任者講習の法令講義で使用する補助教材です。
高圧ガス製造保安責任者講習を受講されない方でも、国家試験対策としてご活用いただけます。
(BK113019 A4判 850円)

LPガス設備不適合事例集(第2次改訂版)

本書は、LPガス消費先における供給設備や消費設備において、改善などが必要な事例をまとめた書籍です。
液化石油ガス法で規定されている基準に該当していないケースを写真やイラストで紹介し、わかりやすく表現しています。
(BK225019 A4判 720円)

LPガス設備設置基準及び取扱要領 KHKS 0738(2019)

本書は、LPガス設備の設計、施工、維持管理の方法を具体的に記述した書籍で、業界では通称「青本」と呼ばれています。
技術基準として、国土交通省が定めた「公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)」の「ガス設備工事」でも引用されています。
液化石油ガス設備士免状を交付された方が、定期に受ける講習のテキストにも指定しています。
(BK224019 A4判 3,810円)

高圧ガス製造保安責任者 丙種化学試験問題集 特別試験科目(平成31年度版)

本書は、丙種化学特別科目に係る国家試験と検定試験の問題及び解答(一部に解説)を、過去5年分収録した書籍です。
資格取得のためには、過去に出題された内容を確認することは重要です。
試験問題を解くことは、講習で習った部分をより深めることができます。また、国家試験で資格取得する皆様にも十分参考になります。
(BK303019 A5判 3,090円)

高圧ガス保安法概要 甲種化学・機械、乙種化学・機械、丙種化学特別 編

本書は、高圧ガス保安法の理解を深めるため、法令内容をパワーポイントで図解し、そのパワーポイントの解説を示すとともに関連条項については高圧ガス保安法規集の該当ページを掲載しています。
本書は高圧ガス製造保安責任者講習の法令講義で使用する補助教材です。
高圧ガス製造保安責任者講習を受講されない方でも、国家試験対策としてご活用いただけます。
(BK112019 A4判 950円)

高圧ガス保安法概要 第一種・第二種・第三種冷凍機械

本書は、高圧ガス保安法の理解を深めるため、法令内容をパワーポイントで図解し、そのパワーポイントの解説を示すとともに関連条項については冷凍関係法規集(日本冷凍空調学会発行)の該当ページを掲載しています。
本書は高圧ガス製造保安責任者講習の法令講義で使用する補助教材です。
高圧ガス製造保安責任者講習を受講されない方でも、国家試験対策としてご活用いただけます。
(BK114019 A4判 700円)

高圧ガス製造保安責任者 乙種化学・機械 試験問題集(平成31年度版)

本書は、乙種化学・機械に係る国家試験と検定試験の問題及び解答(一部に解説)を、過去5
年分収録した書籍です。
資格取得のためには、過去に出題された内容を確認することは重要です。
試験問題を解くことは、講習で習った部分をより深めることができます。また、国家試験で資
格取得する皆様にも十分参考になります。
(BK302019 A5判 3,600円)

よくわかる計算問題の解き方 -高圧ガス丙種・乙種-(第3次改訂版)

本書は、過去数年に遡って、乙種化学・機械、丙種化学特別科目の国家試験や検定試験で出題された計算問題を解説した書籍です。
出題内容を分類別に整理し、典型的な解き方や着眼点、数学的な展開の解説などを順をおって説明しています。
高圧ガスの取扱いに必要な応用化学、機械工学の各種法則をより深く理解、確認することができます。
(BK402019 B5判 2,060円)

高圧ガス保安法令(抄)(第7次改訂版)

本書は、高圧ガス保安法のうち、移動監視者や特定高圧ガス取扱主任者の資格を目指す方向けに特化した内容となっています。 
移動及び消費に関係する法律、政令、関係省令に加え、例示基準や内規も収録しています。
移動監視者、特定高圧ガス取扱主任者、CE受入側保安責任者の資格講習のテキストにも指定しています。
(BK104019 B5判 700円)

高圧ガス保安技術 (甲種化学・機械講習テキスト) (第16次改訂版)

本書は、製造保安責任者免状のうち甲種化学・機械の取得を目指す講習のテキストです。
この1冊で、講習科目の学識と保安管理技術の両方を学ぶことができます。
講習のみならず、国家試験を受験される皆様にも、必要な知識を習得することが可能です。
(BK201019 A4版 6,070円)

高圧ガス製造保安責任者 甲種化学・機械 試験問題集(平成31年度版)

本書は、甲種化学・機械に係る国家試験と検定試験の問題及び解答(一部に解説)を、過去5年分収録した書籍です。
資格取得のためには、過去に出題された内容を確認することは重要です。
試験問題を解くことは、講習で習った部分をより深めることができます。また、国家試験で資格取得する皆様にも十分参考になります。
(BK301019 A5判 3,600円)

高圧ガスの安全規制の解説

本書は、過去の資料、現在の資料を参考に、高圧ガス保安法及び同施行令の解説をまとめたものです。
高圧ガス保安法は平成9年に改正・施行され、今年で23年目を迎えます。高圧ガス取締法から高圧ガス保安法へという大きな改正であったわけですが、高圧ガス保安法に係る総合的な解説は現在まで、取りまとめられることはなく、このような状況から本書を発刊するに至りました。是非ご活用ください。
(BK627019 B5判 3,600円)
>詳細および申込書はこちら
>書籍のサンプル閲覧はこちら

高圧ガス保安法規集(第18次改訂版)

本書は、高圧ガス保安法、施行令、関係省令及び告示を収録した書籍です。内容は、平成30年10月1日現在のもので編集しています。
また、同法に関係する資格講習の一部では、テキストに指定しています。
本書の特長として、引用条文及び参照条文をわかりやすく色刷りで示しています。
(BK101019 A5判 4,830円)

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法規集(第34次改訂版)

本書は、液化石油ガス法、施行令、省令、告示、例示基準及び内規を収録した書籍です。内容は、平成30年10月1日現在のもので編集しています。
参考として特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律及び関係政省令も収録しています。
本書の特長として、引用条文及び参照条文をわかりやすく色刷りで示しています。
(BK102019 A5判 3,600円)

高圧ガス保安法規集 液化石油ガス分冊(第16次改訂版)

本書は、高圧ガス保安法のうち、液化石油ガス関係に特化した書籍です。
収録内容としては、法律、施行令、液化石油ガス保安規則、及び関係する告示です。
第二種販売主任者、業務主任者の代理者の資格講習のテキストにも指定しています。
(BK103019 A5判 1,850円)

中級 高圧ガス保安技術 (乙種化学・機械講習テキスト) (第16次改訂版)

本書は、製造保安責任者免状のうち乙種化学・機械の取得を目指す講習のテキストです。
この1冊で、講習科目の学識と保安管理技術の両方を学ぶことができます。
講習のみならず、国家試験を受験される皆様にも、必要な知識を習得することが可能です。
(BK202019 A4版 4,010円)

初級 高圧ガス保安技術 (丙種化学特別講習テキスト) (第16次改訂版)

本書は、製造保安責任者免状のうち丙種化学特別の取得を目指す講習のテキストです。
この1冊で、講習科目の学識と保安管理技術の両方を学ぶことができます。
講習のみならず、国家試験を受験される皆様にも、必要な知識を習得することが可能です。
(BK203019 A4版 2,670円)

超臨界流体抽出装置/クロマトグラフィーシステムに関する基準 KHK/JAIMA S 0901(2018)

本書は、法の適用除外の要件に該当するSFE/SFCを適用範囲とし、装置及びカラムのメーカー等に向けたユーザーの保安確保のための基準となっております。
また、SFE/SFCに関する高圧ガス保安法令の参考情報を取りまとめた資料集を付録として収録しており、ユーザーの方にも参考となる内容になっておりますので、是非ご活用ください。
(BK548018 A4版 5,000円)
>詳細および申込書はこちら

充てん作業者再講習テキスト(第5次改訂版)

本書は、液化石油ガス法の充てん作業者が定期に受ける講習のテキストです。充てん作業者がバルク供給を行う上で法律以外の情報を入手できます。
(BK228018 A4判 1,540円)

事前評価等の手引き(初版)

本書は、高圧ガス保安法における性能規定の仕組みの解説から事前評価等の申請方法までを網羅した手引き書です。
高圧ガス保安法に係る許可、検査等に携わる事業者、団体、行政機関等の方々、新技術の採用にあたって事前評価を受けたい方、事前評価の申請手続きや申請書の作り方についてお悩みの方にもおすすめの一冊です。
(BK626018 A4判 5,400円)
>詳細および申込書はこちら

『保安検査の方法を定める告示の一部を改正する告示(平成30年3月30日付経済産業省告示第49号』(経済産業省ウェブサイト)により、以下の保安検査基準の最新版(2017年版、2018年版)が告示の指定を受けました。
改正告示の施行日は、平成30年4月30日です。

保安検査基準・定期自主検査指針 一般高圧ガス保安規則関係(スタンド及びコールド・エバポレータ関係を除く。) KHKS 0850-1・KHKS 1850-1(2017)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、一般高圧ガス保安規則の適用を受ける製造施設(スタンド及びコールド・エバポレータ関係は除く。)が適用範囲です。
(BK501018 A4判 2,760円)

保安検査基準・定期自主検査指針 液化石油ガス保安規則関係(スタンド関係を除く。) KHKS 0850-2・KHKS 1850-2(2017)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、液化石油ガス保安規則の適用を受ける製造施設(スタンド関係は除く。)が適用範囲です。
(BK502018 A4判 2,760円)

保安検査基準・定期自主検査指針 コンビナート等保安規則関係(スタンド及びコールド・エバポレータ関係を除く。) KHKS 0850-3・KHKS 1850-3(2017)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、コンビナート等保安規則の適用を受ける製造施設(スタンド及びコールド・エバポレータ関係は除く。)が適用範囲です。
(BK503018 A4判 2,960円)

保安検査基準・定期自主検査指針 天然ガススタンド関係 KHKS 0850-5・KHKS 1850-5(2017)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、一般高圧ガス保安規則及びコンビナート等保安規則の適用を受ける天然ガススタンドである製造施設が適用範囲です。
(BK505018 A4判 2,450円)

保安検査基準・定期自主検査指針 液化石油ガススタンド関係  KHKS 0850-6・KHKS 1850-6(2017)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、液化石油ガス保安規則及びコンビナート等保安規則の適用を受ける液化石油ガススタンドである製造施設が適用範囲です。
(BK506018 A4判 2,450円)

保安検査基準・定期自主検査指針 LNG受入基地関係  KHKS 0850-7・KHKS 1850-7(2018)

本基準は、高圧ガス保安法に基づき第一種製造者が受検する保安検査の方法を定めた技術基準です。
更に、同法に基づく定期自主検査の検査記録を保安検査で活用できるよう『定期自主検査指針』も併せて収録しました。
本書籍に収録する規格は、コンビナート等保安規則の適用を受ける製造施設(LNG受入基地関係)が適用範囲です。
(BK507018 A4判 2,450円)

メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*