[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

冷凍機器溶接士の認定

コンテンツ

制度の概要

  冷凍機器溶接士の認定は、高圧ガス保安協会が自主的に実施しているもので、認定期間は3年間です。
認定を受けることができるのは、冷凍用圧力容器及び冷媒設備の配管のうち冷媒ガスの圧力を受ける部分の溶接を手溶接により行う者であって、次に規定する溶接に係る技量及び冷凍に係る学識を有していることが必須条件となります。
また、資格認定の更新申請に際しては、認定期間内に資格認定証明書を交付された者を対象とした研修を1回以上受講する必要があります。ただし、2018年4月において冷凍機器溶接士の資格認定を受けている者が同年同月以降初めて更新申請する場合は不要です。
 
【1】 溶接に係る技量
次の(1)から(6)までのいずれか一に該当する者
(1) 日本工業規格 Z 3801 手溶接技術検定における試験方法及び判定基準に基づく試験に合格し、日本溶接協会規格 8201 手溶接技能者の資格認証基準に基づき、一般社団法人日本溶接協会が行う手溶接技能者の専門級の認証を受けている者
(2) 日本工業規格 Z 3821 ステンレス鋼溶接技術検定における試験方法及び判定基準に基づく試験に合格し、日本溶接協会規格 8221 ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準に基づき、一般社団法人日本溶接協会が行うステンレス鋼溶接技能者の専門級(溶接方法は、被覆アーク溶接又はティグ溶接に限る。)の認証を受けている者
(3) 労働安全衛生法(昭和四十七年六月八日法律第五十七号)に基づく普通ボイラー溶接士免許又は特別ボイラー溶接士免許を有する者
(4) 一般財団法人日本海事協会が定める鋼船規則M編に基づき、一般財団法人日本海事協会が発行した溶接士の技量証明書((1)又は(2)の認証と同等以上の技量を証明するものに限る。)を有する者
(5) 石油学会規格 JPI-7S-31 溶接士技量検定基準(石油工業関係)に基づく試験に合格し、日本溶接協会規格 8102 溶接士技量検定基準(石油工業関係)に基づき、一般社団法人日本溶接協会が行う石油工業溶接士(溶接方法は、被覆アーク溶接又はティグ溶接に限る。)の認証を受けている者
(6) その他協会の会長が(1)から(5)までの者と同等以上の技量を有すると認める者
【2】 冷凍に係る学識
次の(1)から(4)までのいずれか一に該当する者
(1) 高圧ガス保安法(昭和二十六年六月七日法律第二百四号)に基づく第一種冷凍機械責任者免状、第二種冷凍機械責任者免状又は第三種冷凍機械責任者免状に係る高圧ガス製造保安責任者試験に合格した者
(2) 高圧ガス保安法(昭和二十六年六月七日法律第二百四号)に基づく高圧ガス製造保安責任者講習のうち、第一種冷凍機械、第二種冷凍機械又は第三種冷凍機械講習を受講し、かつ、当該検定に合格した者
(3) 公益社団法人日本冷凍空調学会が冷凍空調技士規程に基づき施行する資格検定に合格し、かつ、公益社団法人日本冷凍空調学会会長がその資格を認証し、登録している者
(4) 協会が行う冷凍機器溶接士に関する講習を受講し、かつ、当該検定に合格した者

重要なお知らせ

  平成30年4月に冷凍機器溶接士の制度改正がありました。
  主な変更点は次のとおりです。
  ① 資格認定証明書を交付された者を対象とした研修の受講義務化(認定期間内に1回以上)
② 申請事業所の公表(希望者のみ)
③ 資格認定証明書の再交付、返納手続きの整備

申請手続き

  申請の受付は冷凍機器溶接士指定団体が行います。
  冷凍機器溶接士認定の申請手続については、「冷凍機器溶接士マニュアル」をご覧ください。
  各種様式はこちらからダウンロードできます。「様式
 

冷凍機器溶接士が所属する事業所の公表

  高圧ガス保安協会は、溶接に係る技量と冷凍に係る学識を兼ね備えた方を冷凍機器溶接士として認定しており、その冷凍機器溶接士を擁する事業所は、冷凍機器の品質向上と安全性の確保に積極的であると考えられます。
下表に、2018年4月以降、新規又は更新の資格認定を受けた方が所属する事業所を掲載します。今後、順次追加掲載していく予定です。
                                           (2019年6月1日現在)
事業所名 住所
株式会社出羽工業 997-1132 山形県鶴岡市栃屋字天保恵65-17
助川電気工業株式会社 318-0004 茨城県高萩市上手綱3333-23
株式会社日立テクノロジーアンドサービス 300-0013 茨城県土浦市神立町603
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社
大型冷凍機ビジネスユニット 土浦空調本部
300-0013 茨城県土浦市神立町603
株式会社前島工業所 300-0122 茨城県かすみがうら市西成井2560-21
有限会社松山製作所 300-1268 茨城県つくば市中山118-21
株式会社前川製作所 守谷工場 302-0118 茨城県守谷市立沢2000
株式会社アーバンスケープ 125-0033 東京都葛飾区東水元4-4-3
株式会社タガワ 287-0025 千葉県香取市本矢作1161-1
株式会社寺田冷機 292-0834 千葉県木更津市潮見4-3-5
株式会社平原工業 212-0051 神奈川県川崎市幸区東古市場104
メゾン河弘201号
三菱重工冷熱株式会社 242-0001 神奈川県大和市下鶴間1634
三和工業株式会社 417-0801 静岡県富士市大淵2483
株式会社ケーイーコーポレーション 424-0911 静岡県静岡市清水区宮加三715
ゼオンノース株式会社 933-0076 富山県高岡市米島1061-2
株式会社ヒラカワ 滋賀事業所 520-2323 滋賀県野洲市三上2308番地
ダイキン工業株式会社 滋賀製作所 525-8526 滋賀県草津市岡本町字大谷1000-2
日新興業株式会社 532-0005 大阪府大阪市淀川区三国本町1-12-30
株式会社木谷鉄工所 554-0032 大阪府大阪市此花区梅町2-2-6
シャスティ 561-0851 大阪府豊中市服部元町2-4-7-302
株式会社酉島製作所 569-8660 大阪府高槻市宮田町1-1-8
ダイキン工業株式会社 淀川製作所 566-8585 大阪府摂津市西一津屋1-1
瀬尾高圧工業株式会社 三日市工場 586-0047 大阪府河内長野市西片添町9-10
ダイキン工業株式会社 堺製作所 591-8511 大阪府堺市北区金岡町1304
千代田空調機器株式会社 599-8247 大阪府堺市中区東山461
株式会社イトミック環境システム 614-8264 京都府八幡市岩田南野1-1
三菱重工サーマルシステムズ株式会社
神戸製作所
652-8585 兵庫県神戸市兵庫区和田崎町1-1-1
株式会社カコテクノス 675-1318 兵庫県小野市北丘町355-16
有限会社脇田 676-0003 兵庫県高砂市今市2-13-15
フジマサ機工株式会社 676-0805 兵庫県高砂市米田町米田956
ヒルタ工業株式会社 総社工場 719-1154 岡山県総社市井尻野61
株式会社前川製作所 東広島工場 739-2117 広島県東広島市高屋台2-3-40
株式会社マキシス工業 811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美2447
出口工業株式会社 851-2106 長崎県西彼杵郡時津町左底郷1-7
木村化工機株式会社 大分工場 870-0114 大分県大分市小中島3-1-2

認定日・申請受付期間

  新規申請、更新申請ともに年に3回資格認定を行っています。
認定日は、毎年2月1日、6月1日及び10月1日です。
2019年10月1日認定の申請受付期間は2019年8月1日(木)~2019年8月23日(金)(指定団体必着)です。

資格認定証明書を交付された者を対象とした研修

  資格認定証明書を交付された者を対象とした研修を開催いたします。資格認証明書を交付された者は、その認定期間内に1回以上当該研修を受けていただく必要があります。
  2019年度の研修(冷凍保安講座)は、次のとおりです。
 

2019年度「冷凍保安講座」開催のご案内

 [日 時] 2019年10月18日(金)14:00~17:00
 [場 所] 
ENDO 堺筋会議室
     〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル2階
     (最寄り駅:地下鉄中央線「堺筋本町駅」下車 12番出口出て徒歩1分
 [受付期間] 2019年8月7日(水)~10月11日(金)

 
詳細はこちら
 

お問い合わせ先

  最寄りの冷凍機器溶接士指定団体又は当協会 高圧ガス部 冷凍空調課にご連絡ください。
高圧ガス部 冷凍空調課
TEL 03-3436-6103  FAX 03-3438-4163
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*