[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

SFE/SFC認定

コンテンツ

制度の概要

平成28年11月1日施行の高圧ガス保安法施行令等の改正により、一定の要件を満たした分析機器内の高圧ガスは高圧ガス保安法(以下「法」という。)の適用除外となりました。これにより、従来、高圧ガスの製造設備として法の規制を受けていた超臨界流体抽出装置及び/又は超臨界流体クロマトグラフィーシステム(SFE/SFC)は、その適用除外要件を満たす場合、法の適用除外となることとなりました。
これを受け、高圧ガス保安協会(KHK)と一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA)は、法の適用除外となって以降も、SFE/SFCの使用者の保安を確保するための自主基準が必要と考え、高圧ガス保安法の考え方を尊重し、自主基準『KHK/JAIMA S 0901(2018) 超臨界流体抽出装置/クロマトグラフィーシステムに関する基準』を共同で制定しました。
KHK/JAIMA S 0901(2018)は、装置使用者の安全の確保を目的として、法の適用除外要件に該当するSFE/SFCを適用範囲とし、装置製造者・販売業者に向けた自主基準となっております。KHK/JAIMA S 0901(2018)の内容は、装置製造者・販売業者が主となり、装置使用者の安全の確保をするため、装置納入時に装置使用者へ提出する書類、装置の運用に関するガイドラインの作成、装置及びカラムに係る技術上の基準を定めております。
KHKは、皆様からのニーズにお答えし、KHKが今まで携わってきた高圧ガス保安法の知見を生かし、KHK/JAIMA S 0901(2018)を活用したさらなる保安確保のため、SFE/SFC認定制度を創設いたしました。
本制度は、法令上の制度ではなく、KHKの自主的な制度として実施します。

認定の対象(適用範囲)

SFE/SFC認定調査は、SFE/SFCの装置又はそれに用いられるカラムを対象とします。

装置

法の適用除外の要件を満足するSFE/SFCの装置がKHK/JAIMA S 0901(2018)に適合していることを認定するための調査

カラム

法の適用除外の要件を満足するSFE/SFCで使用されるカラムがKHK/JAIMA S 0901(2018)に適合していることを認定するための調査

認定の内容

  1. SFE/SFC認定調査は、装置のシステム又はカラムの型式について、KHK/JAIMA S 0901(2018)に適合していることを審査し、合格した者にSFE/SFC認定証の交付をいたします。
  2. SFE/SFC認定証の交付を受けた者(SFE/SFC認定者)は、SFE/SFC認定証票の交付申請をすることができます。SFE/SFC認定証票は、認定を受けた装置のシステム又はカラムの型式と同仕様であることを証するものとして、出荷する装置又はカラムに貼付することができます。

認定取得までの標準的なフロー

SFE/SFC認定取得までの標準的なフロー

申請手続き

※マニュアル中の様式のデータファイルを以下に掲載しますのでご活用ください。

様式番号 様式名
様式第1 SFE/SFC認定申請書
様式第2-1 SFE/SFC認定審査基準対応表(装置用)
様式第2-2 SFE/SFC認定審査基準対応表(カラム用)
様式第5 SFE/SFC認定証票交付申請書
様式第6 SFE/SFC認定事項変更届
様式第7 SFE/SFC製造実績報告書
様式第8 SFE/SFC認定証再交付申請書

関連書籍

お問合せ先

  高圧ガス部 高圧ガス課
TEL:03-3436-6103 FAX:03-3438-4163
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*