[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

冷凍空調工事保安管理者講習

コンテンツ
根拠法等 高圧ガス保安協会 冷凍空調施設工事事業所認定制度
受講対象者 冷凍能力3トン以上ののアンモニア及びフルオロカーボンを冷媒とする冷凍空調施設の据え付け工事の業務を行う者の事業所(以下「工事事業所」という。)の認定(以下「認定」という。)を受けるにあたり、認定区分に応じた冷凍空調工事保安管理者になる方です。
講習内容 (1)アンモニア
S区分 無資格者 基礎講習(8時間)+保安確認講習(4時間)
有資格者※1 付加講習(3時間)※2+保安確認講習(4時間)
Sp区分 無資格者 基礎講習(4時間)+保安確認講習(4時間)
有資格者※1 付加講習(3時間)※2+保安確認講習(4時間)
※1 有資格者の種類
 S区分  技術士、1種冷凍機械、1種冷凍空調技士、1級冷凍空気調和機器施工技能士
 Sp区分  技術士、1・2・3種冷凍機械、1・2種冷凍空調技士、1・2級冷凍空気調和機器施工技能士
※2 付加講習は、上記※1の資格者のうち、1・2級冷凍空気調和機器施工技能士が受講対象資格
(2)フルオロカーボン
A区分 無資格者 基礎講習(7時間)+保安確認講習(3時間)
有資格者※1 付加講習(3時間)※2+保安確認講習(3時間)
B・C区分 無資格者 基礎講習(3時間)+保安確認講習(3時間)
有資格者※1 付加講習(3時間)※2+保安確認講習(3時間)
※1 有資格者の種類
 A区分  技術士、1種冷凍機械、1種冷凍空調技士、1級冷凍空気調和機器施工技能士
 B・C区分 技術士、1・2・3種冷凍機械、1・2種冷凍空調技士、1・2級冷凍空気調和機器施工技能士
※2 付加講習は、上記※1の資格者のうち、1・2級冷凍空気調和機器施工技能士が受講対象資格
検定試験 無資格者のみ基礎講習後に実施
検定時間 1時間
受講受検料
[課税]
冷媒の種類 講習内容 受講受検料
アンモニア 基礎講習 13,600円
保安確認講習 6,600円
フルオロカーボン 基礎講習 12,600円
保安確認講習 5,600円
付加講習(共通) 6,600円
開催地等 ◆実施時期は11月から12月上旬に実施しますが、詳細は協会本部又は
  各都道府県冷凍教育検査事務所までお問い合わせください。
※詳細日程は年間スケジュールをご確認ください。
申込先等 ◆講習を実施する各都道府県冷凍教育検査事務所へお問い合わせください。
使用テキスト等 使用テキスト等はこちらでご確認ください。
 (受講受検料金にはテキスト等代金は含まれておりません。)
使用テキスト等のご購入方法についてはこちらでご確認ください。
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*