[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

アセチレン多孔質物性能試験

コンテンツ

制度の概要

この試験は、アセチレンを充塡する容器に内蔵する多孔質物を製造する者が受けなければならないもので、容器の種類、多孔質物に浸潤させる溶剤の種類及び多孔質物の種類からなる型式ごとに、関係例示基準に基づいて行うものです。

合格型式は、アセチレン容器多孔質物性能試験合格型式一覧をご参照下さい。

関係例示基準:一般高圧ガス保安規則関係例示基準の46「アセチレンを充てんする容器に係るアセトン又はジメチルホルムアミドと多孔質物について」
コンビナート等保安規則関係例示基準の53「アセチレンを充てんする容器に係るアセトン又はジメチルホルムアミドと多孔質物について」

試験の対象者

アセチレンを充塡する容器に内蔵する、多孔質物の製造を行う者の事業所が対象になります。

試験の内容

試験は、規定に従って、圧縮強度試験、多孔度試験、振動試験、周囲加熱試験、逆火試験、衝撃試験を立会により行います。試験の結果は、委員会で評価します。

申請手続き

関連書籍

お問合せ先

アセチレン多孔質物性能試験については、機器検査事業部 検査業務課にご相談下さい。
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*