[HTML]
【全】背景色
 
【全】ヘッダーリンク(未ログイン)
H1

高圧ガス設備試験

コンテンツ

制度の概要

この試験は、圧縮機、ポンプ、配管、バルブ等の高圧ガス設備に対して、耐圧試験、気密試験及び強度の確認を通達に基づいて行うものです。

高圧ガス設備試験に合格した設備に対して発行した成績証明書は、完成検査又は保安検査の際に活用され、都道府県知事等が所定の試験に合格した設備であることを確認したときは、その設備に関する試験等を現に行うことを要しないことになります。

通達:一般高圧ガス保安規則第6条第1項第11号等の規定による試験を行う者及び同項第13号等の規定による製造を行う者の認定等について(20180323保局第12号)

製造の許可から完成検査までの標準的なフロー

試験の対象者

高圧ガス設備の製造者又は輸入者が対象になります。

試験の内容

試験は、マニュアルに従って、全体図、部品図及び強度計算書等で十分な強度を有することについて確認した後、肉厚測定、耐圧試験及び気密試験を立会により行い、関係規則の技術上の基準に適合していることを確認します。

試験の標準的な流れ

申請手続き

関連書籍

申請手続き

高圧ガス設備試験については、機器検査事業部 設備検査課 又は 各支部にご相談下さい。
メールフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容はわかりやすかったですか?*
どのような点で、そのように感じましたか? 当てはまるものを一つお選びください。*